2020.07.18

スタッフブログ

薩摩切子灯

当ホテル南館の一部客室にございます
「薩摩切子」を模した間接照明は
2014年の南館リニューアルに合わせ改築され
鹿児島の雰囲気を穏やかな灯りで表現しております(^^)


鹿児島県の伝統工芸品、薩摩切子――――――――――――

江戸時代後期
長崎から伝来した外国のガラス製造書物を元に
薩摩藩は富国強兵の一環として薩摩切子を開発、
日本的な繊細な意匠が施され
大名への贈り物や海外交易品として用いられます。

その生産拠点である集成館は
アジア初の近代的西洋式工場群として、
製鉄、造船、紡績等、
軍事産業、殖産興業に留まらない大規模なものでした。

しかしながら
1863年の薩英戦争にて工場の大半が焼失、
また幕末維新の動乱もあり
およそ100年もの間その技術は葬られたものとなります。

1985年、現存する僅かな資料を元に
全国各地のガラス職人たちの手により復刻に成功。
その後も研究が続けられ、
鹿児島県の伝統工芸品として受け継がれています。


ご宿泊される際、ぜひご覧下さいませ\(^^)/




Satsuma Kiriko lighting

Indirect lighting that imitates "Satsuma Kiriko"
were remodeled at the same time as the South Building renewal in 2014.
The atmosphere of Kagoshima is expressed by calm lights.



Satsuma Kiriko, a traditional craft of Kagoshima Prefecture--------------

Late Edo period
Based on foreign glass manufacturing books from Nagasaki
the Satsuma clan developed Satsuma Kiriko as a part to enrich the country,
and by it's delicate Jaopanese design it was used as a gift for feudal lord or as a foreign trade item.

The production center [Shuseikan] that is a first modern Western factory group in Asia
was a large-scale project(Steelmaking, shipbuilding, spinning, etc.)
that was not limited to the military or aquaculture industries.


However this technology was buried for about 100 years because of
the Satsuei War that happened in 1863 burned down the most of the factory.
There was also the upheaval of the Bakumatsu Restoration that made the cause.

In 1985, based on a few existing materials it was
Successfully reproducted by glass craftsmen all over the country.
After that, research has continued and
it has been passed down as a traditional craft of Kagoshima prefecture.

Monthly Archive

一覧ページへ

×CLOSE