2020.08.08

スタッフブログ

桜島をご紹介します!

こんにちは!
厳しい暑さが続いておりますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

本日、8月8日は「山の日」でございます。
(2020年はオリンピックの開催がある為8月10日に変更しております。)

今回は鹿児島のシンボルといわれる山、桜島をご紹介いたします。

桜島は約26,000年前に誕生し、17回の大噴火を繰り返してきました。
以前はその名の通り「島」でしたが、1914年の大正噴火で流れた溶岩によって海峡が埋め立てられ、大隅半島の一部となりました。
現在も毎日のように小規模な噴火を繰り返しています。

 
鹿児島市内からはフェリーに乗ると15分で桜島に着きます。
桜島フェリーが渡る錦港湾には運がよければ野生のイルカが見えることもございます。
桜島フェリーに乗られる際は、ぜひ探してみて下さい。 

また、桜島には観光スポットがたくさんございます。
おすすめは「桜島溶岩なぎさ公園の足湯」です。
天然温泉を利用しており、全長約100mある日本最大級の足湯です。
桜島港からは徒歩約5分で行くことができます。
ぜひお疲れの足を癒してみてはいかがでしょうか。

 
鹿児島中央駅からの行き方
〇バス
鹿児島中央駅の東口バス乗り場(東4・5・6)乗車(約15分)
「水族館前」降車
目の前が桜島フェリーターミナルです。

〇市電
「鹿児島中央駅」乗車(約15分)
「水族館口」降車
5分ほど歩きますと桜島フェリーターミナルに着きます。

桜島フェリーは約15分毎に24時間運航しております。

Monthly Archive

一覧ページへ

×CLOSE