2016.12.24

スタッフブログ

神話の郷・高千穂旅行記 ~太古のパワースポット篇~

皆様、こんにちは。

宮崎は朝夕こそは肌寒いですが、昼間は12月とは思えないぽかぽか陽気

に包まれています。

先日は1年で最も日が短い時期にあたる二十四節気,冬至でしたが、古代の

中国においてはその日を暦上太陽の復活の日としていたことから非常におめ

でたい日とされてきたようです。

 

古代つながりになりますが、前回お届けした高千穂旅行の後篇,神話の伝承

に深く関わりのある神社をいくつか巡りましたのでご紹介します!

 

♦高千穂神社♦

高千穂郷八十八社の総社で、その歴史は1,900年以上前と大変古く歴史ある

神社です。縁結び,交通安全,厄除けの神として篤く信仰を集めています。

 

中でも境内にある「夫婦杉」は縁結びにご利益があることで知られています。

2本の幹が伸びるその杉の周りを夫婦や恋人と手を繋ぎ3周すると、夫婦円満,

家内安全,子孫繁栄の願いが叶うとされています。

 

また夜には、境内の神楽殿で観光客向けに高千穂神楽が奉納されているようです。

毎晩催されているようなので、泊まりがけで訪れる方は是非鑑賞されてください。

 

♦荒立神社♦(左)       ♦槵觸神社♦(右)

ひっそりと佇む荒立神社は芸能や縁結びにご利益があるとされています。

拝殿の隣にある七福徳寿板木という板を木槌で心を込めて七回打つと

願いが叶うそうです!

 

槵觸、難読漢字ですがくしふると読みます。

天孫降臨の地として伝えられる槵觸の峯にある槵觸神社ですが、本殿は

長い長い階段を上った先にあります。

 

丁度訪れた時期が紅葉が色付き始めた頃で、風情があり綺麗でした。

荒立神社はイチョウが辺り一面に落葉しており、黄色の絨毯の中

参拝することができました。

季節ごとに様々な表情を見せてくれると、もっと違う景色を見たい、また訪れたい

という気持ちが生まれるものですね。高千穂はそう感じる処が特に多かったように

思います。

 

♦天岩戸神社♦天安河原♦

日本神話(古事記,日本書紀)に記されている天岩戸神話を伝える神社です。

その西本宮から少し離れた岩戸川沿いにある大洞窟が「天安河原」です。

信仰のために洞窟から河原一帯に石が無数に積まれており、その光景は言葉に表せない

程に神秘的で強い力を感じました。

まさにパワースポットです!!

 

これまで2回に分けてお届けしました高千穂の観光地ですが、まだまだ高千穂には

国見ヶ丘から臨む雲海、伝統芸能の高千穂神楽などお伝えできていない魅力ある場所、

要素が沢山あります。

 

これを機に実際に訪れてみたいと思って頂けましたら幸いです。

是非皆様も高千穂で自然の神秘と太古のパワーを感じてみてください .∗*

Monthly Archive

一覧ページへ

×CLOSE