Searchご宿泊日を検索

  • 宿泊 検索
  • 航空券+宿泊 検索

リバーカヤック&秘境の滝ツアーへ

2018.08.29

8月も終わろうとする今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

頻繁に発生する台風の心配をする中、当ホテルでは今年度3回目となる新入社員研修を行いました。

新入社員も入社してから4ヶ月が経ち、縄文杉や白谷雲水峡の登山といった山の研修を行いましたが、

今回は専門のガイドさんについて頂きリバーカヤックと沢登りを体験してきましたのでその模様をお伝えします。

 

8月初旬、新入社員3人を含めた計6人でリバーカヤックと秘境の滝ツアーへ参加しました。

当日の天気は晴天。午前8時にホテルへ集合し、ガイドさんから簡単な説明を受け、リバーカヤックを

行う安房川(あんぼうがわ)へ向かいました。安房川へ到着後、ストレッチを行いパドルの漕ぎ方等の

講習を受けそれぞれカヤックへ乗り込みました。

今回はカヤックの他にSUP(スタンドアップパドルボード)と呼ばれるボードも用意して頂きました。

初めて体験するスタッフもおり、カヤックに乗り込むだけで一苦労でした。SUPは経験のある

スタッフが使用し、途中の砂浜で休憩を取ったり、カヤックとSUPを乗り換えたりしながら、

のんびりと安房川上流を目指し進んで行きました。

途中、SUPから落ちたりカヤックが転覆したりとお決まりのハプニングもありましたが、

上流でシュノーケリングを行い、ひと休憩した後、川を下りました。

カヤックが終わると、沢登りをする為、栗生集落へ向かいました。

昼食は、栗生集落にある松竹というお蕎麦屋さんで済ませ、栗生川上流へ向かいました。

到着するとガイドさんより、ウェットスーツとライフジャケット、ウォーターシューズに

ヘルメットを渡され、そこで大変なツアーに出発するのだと気付きました。

流された場合の対処法や命綱の使用方法などレクチャーを受けいざ出発。

森を抜け、沢登りを開始して1分、いきなり川に飛び込むポイントを迎えました。

まっすぐ勢いよく飛びこまないと、水流に流されてしまう為、思い切りの良さが必要となりました。

屋久島は花崗岩の島という事もあり、滑りやすい岩の上を慎重に進み、途中小さな滝に打たれたり、

大きな岩の上から飛び込んだりしながら沢を少しずつ登っていきました。

2時間ほど登ると、今回のツアーの目的地である秘境の滝、

お谷が滝(おたにがたき)へ到着しました。

 

私自身、屋久島の栗生集落出身ですが初めて訪れることになりましたが、水量も多く、

迫力のある滝でした。車で簡単に行ける大川の滝や千尋の滝とは違い、自身の足で歩かなければ

見れない為、達成感のあるツアーとなりました。記念撮影を終え、疲れた体に鞭を打ちながら

下流へと進み、午後4時30頃ようやく長い1日のツアーが終了しました。

 

今回は新入社員だけではなく、私を含めた全員が良い経験をする事が出来ました。

沢登りについては雨の影響もあり、普段よりも水量が多く危険な場所もありましたが、

ガイドさんの教えもあり、誰一人けがをする事なく終えることが出来ました。

山登りのイメージの強い屋久島ですが、夏の屋久島は沢登りやシュノーケリング、

ダイビングなど川や海のアクティビティも多くありますので、屋久島に来られる

際は検討されてみてはいかがでしょうか?

 

今回は、屋久島カヤックトリップ ショアーズの田脇 総徳さんに1日ガイドをして頂きました。

研修ということもありましたが、楽しさだけではなく、沢登りの危険さもしっかりと教えて頂き、

充実した研修となりました。屋久島カヤックトリップ ショアーズのURL等を記載しますので、

もし機会があればお問合せ下さい。

事業者名
ショアーズ
代表者
田脇 総徳(タワキ フサノリ)
所在地
鹿児島県熊毛郡屋久島町原634-121
電話番号
080-1208-1497
E-mail
mail@shores.jp
URL
http//shores.jp

 

JRホテル屋久島 スタッフ羽生

一覧へ戻る